CATEGORY

千葉県

行徳どうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 行徳駅周辺にある「行徳どうぶつ病院」 年中無休で診察しておりますので、平日お忙しい飼い主さんにもうれしい動物病院です。 またエキゾチックアニマルの診療の割合が多く、犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター モルモット・小鳥などの診療・ホテルも対応しています。 お困り事があればいつでもご相談ください。 施設風景 […]

幕張ビーンズ・ペットクリニック

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 幕張町にある「幕張ビーンズ・ペットクリニック」では、 地域獣医療の充実と発展のため、地域に根付いた動物病院です。 どのような状況であるかをわかりやすく飼主様に伝えていきたいと考えておりますので、 お気軽にご相談ください。 施設風景 獣医師紹介 院長/森本 匡洋 先生 経歴 2009年 幕張ビーンズ・ペットクリ […]

むかい猫と犬の病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 ペットが健康で快適な生活を送るためには、食事の世話以外にも病気の予防や早期発見など、 注意すべき日常の事柄はいくつもあります。当院ではその手助けが出来ればと考えております。 また、ネコちゃんは繊細なイメージがありますが、当院は扱いが上手なスタッフばかりですので、 シャイな子も安心して頂ければと思います。 成田 […]

かっしー動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 千葉県浦安市の「かっしー動物病院」は、犬・猫・うさぎ・フェレット・ハムスター・小鳥を 診療しており、ペットホテルも完備してある動物病院です。 難治性疾患や原因不明の病気に苦しんでいる動物や悩まれている飼い主様の力になれるよう 大学病院などで研鑽しております。皮膚疾患、腫瘍疾患だけでなく、眼疾患、心疾患、神経疾 […]

いちアニマルクリニック

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 鎌ヶ谷市馬込沢駅近くにある動物病院「いちアニマルクリニック」 22時までの夜間診療やトリミングサロンも行っており、 「1(いち)からしっかり行う」という考えの下 皆さんに来てよかったと思っていただける動物病院を目指しています。 なんでも気軽に相談してください。 施設風景 獣医師紹介 院長/臼田 卓也 先生 経 […]

杉田動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 印西市の千葉ニュータウンに位置する「杉田動物病院」 来院された動物たちが自分の飼っている動物だったらどうお世話をするかを第一に考えて治療にあたります。CT画像診断装置などの医療機器も完備。 日常のケアから高度医療にも対応可能なホームドクターです。 施設風景 獣医師紹介 院長/杉田 祐司 先生 経歴 北里大学卒 […]

西千葉外山動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 西千葉駅のすぐそばにある「西千葉外山動物病院」では早朝7時から夜9時まで診察しております。 急な体調不良にも対応可能です。 また、CT検査など充実した設備による医療も提供しておりますので、 治療に関する事から些細なお悩みまで気軽にご相談ください 施設風景 獣医師紹介 院長/外山 康二 先生 経歴 2021年 […]

イトウペットクリニック

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 くぬぎ山駅周辺に位置するイトウペットクリニックでは最適な設備を揃え、幅のある検査が行える体制を整えています。飼い主さまとの距離感も一番近くでありたいので当院では距離感を大事にしたサポートを行います。小さな変化でも気になることがありましたら、お気軽にご来院ください。 施設風景 獣医師紹介 院長/伊東 彰仁 先生 […]

ゆうひま動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 木更津市にある「ゆうひま動物病院」 院長の猪狩 皓介(いがり こうすけ)先生は獣医腫瘍科認定医であり、腫瘍の手術の実施経験や知識を多く有しておりますので、腫瘍の診療にはとくに力を入れております。 また、入院中の動物たちもきめ細かく見守り、飼い主さまの不安を減らすよう心がけています。 なにか気になることや些細な […]

小倉台どうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 モノレール小倉台駅が最寄りの小倉台どうぶつ病院。 開院してから20年以上である院長の西村先生は整形外科の専門でありながら、犬猫だけでなく、その他エキゾチックアニマル(げっ歯類、爬虫類、魚類、鳥類)等幅広く診ております。 生き物の事なら、何でも相談できる動物病院です。 施設風景 獣医師紹介 院長/西村 壽 先生 […]

>マイクロチップボンズの役割

マイクロチップボンズの役割


動物愛護法の改正により、ブリーダーやペットショップなどで販売される犬や猫に対して、マイクロチップの装着が2022年6月より義務化されました。

マイクロチップを装着していれば、ペットが災害などで行方不明になったり迷子になったりした場合に、体内に埋め込んだマイクロチップの情報を読み取ることで、飼い主の方へ返すことができるようになります。

マイクロチップの装着は「獣医療行為」になり、獣医師または、獣医師の指示のもとで愛玩動物看護師が動物病院などで行う必要があります。専用の注射器を使って皮下に装着するため、外れて落ちる心配がありません。

マイクロチップボンズでは、これからマイクロチップの装着を検討している飼い主の方のために、全国のマイクロチップ装着に対応した動物病院をご紹介いたします。

CTR IMG