CATEGORY

神奈川県

ふじみ野動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 平塚市にある「ふじみ野動物病院」は40年の歴史を誇る、地域に密着した病院です。 動物たちが苦しんでいる時、問題を解決するベストな方法をご家族の皆様と一緒に考えていきたいと思っています。 また、病気にならないための予防医学をお伝えすること、動物たちとご家族の絆を繋ぐお手伝いすることをモットーとして診療に取り組ん […]

かたせ江の島どうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 かたせ江の島どうぶつ病院では、犬・猫だけではなく、エキゾチックアニマルと呼ばれる、 フェレット、ウサギ、ハムスター、モルモットなどの診療も行っております。 地域に密着した動物病院として、飼い主様や地域にお住いの皆様から、親しみを込めて「えのどう」と呼んでいただけるように、丁寧で正確な心のこもった医療をお届けし […]

ブルーム動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 横浜市鶴見区にある「ブルーム動物病院」 猫のFIP治療に関して日本初の原点の動物病院であり、治療実績も豊富です。 一般診療はもちろん、最新の医療機器を取り揃えており呼吸器や画像診断、細胞診、伝染性腹膜炎(FIP)の治療まで幅広く対応いたします。 院長の片山 政都先生はわんちゃん、猫ちゃんが安心して診療できる空 […]

上大岡キルシェ動物医療センター

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 横浜市南区にある「上大岡キルシェ動物医療センター」では一般診療として内科、外科全般、 予防接種などの予防診療を行っております。 腫瘍科、循環器科、呼吸器科については専門医として、これら疾患の治療に注力し、 外科治療においては手術から鎮痛、リハビリといった術後治療にまでワンストップで スタッフ一丸となってチーム […]

 二俣川どうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 二俣川駅の近くに位置する「二俣川どうぶつ病院」真心こめて動物と飼い主様に接すると同時に、最善最良のサービスを提供できるよう、もっと身近で頼れる動物病院を目指しております。アットホームなホームドクターとして、科にこだわらず幅広く診療しておりますし、しつけや食事など些細な事でもお気軽にご相談下さい。 施設風景 獣 […]

むつあい動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 六会日大前駅 の近くに位置する「むつあい動物病院」 日本大学獣医学科卒業後、日本大学動物病院専科研修医として、動物病院の内科・外科診療にあたる。2007年 神奈川県藤沢市に 「むつあい動物病院」 を開業。 病気や治療や予防からしつけや食事の悩みなども気軽に相談できる病院を目指す。 一般診療に加え、漢方薬・鍼灸 […]

木下動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 木下動物病院は、1979(昭和54)年11月、当地に開院以来、一貫して地域に根差した、安全で安心できる医療を提供しています。 地域の方々からいただいている厚いご信頼にお応えするため、今後はワンちゃんやネコちゃん、そして飼い主さまが気軽に訪れて楽しく遊びながら親しくなれるさまざまなチャンスを提供し、より親しまれ […]

湘南どうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 湘南どうぶつ病院では西洋医学にはない、個人個人に合わせた治療を漢方薬などの東洋医学を併用し、自然治癒力を高め、質の良い健康な状態に戻ることを手助けする事が出来れば良いと考えています。 漢方薬、東洋と西洋の治療を併用しながら患者さんに応じた治療、皮膚、歯科治療が特徴です。 茅ヶ崎、湘南の地域の動物と飼い主さまが […]

葉山どうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 「葉山どうぶつ病院」は1950年の創設以来、半世紀以上に渡り、地域のコンパニオンアニマル(伴侶動物)の健康と医療の向上に貢献してまいりました。 一般診療・予防などの日常的な診療に加えて、腫瘍科・循環器科・整形外科・皮膚科・エキゾチックアニマル科・東洋獣医学科などの専門診療が受けられます。 また、外科手術・難症 […]

こころ犬猫病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 小田原市にある「こころ犬猫病院」では、 一般内科・外科や各種ワクチン接種はもちろん、 爪切り・耳掃除など、細やかなケアまで行うトリミングや飼い主様に代わって大切にお預かりするペットホテルも受け付けております。 大切なペットのことでご不安・ご心配などがございましたら、地域の動物ホームドクター、こころ犬猫病院にご […]

>マイクロチップボンズの役割

マイクロチップボンズの役割


動物愛護法の改正により、ブリーダーやペットショップなどで販売される犬や猫に対して、マイクロチップの装着が2022年6月より義務化されました。

マイクロチップを装着していれば、ペットが災害などで行方不明になったり迷子になったりした場合に、体内に埋め込んだマイクロチップの情報を読み取ることで、飼い主の方へ返すことができるようになります。

マイクロチップの装着は「獣医療行為」になり、獣医師または、獣医師の指示のもとで愛玩動物看護師が動物病院などで行う必要があります。専用の注射器を使って皮下に装着するため、外れて落ちる心配がありません。

マイクロチップボンズでは、これからマイクロチップの装着を検討している飼い主の方のために、全国のマイクロチップ装着に対応した動物病院をご紹介いたします。

CTR IMG