CATEGORY

埼玉県

こみね動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 埼玉県日高市にある「こみね動物病院」では 主に犬、猫を中心に小動物(※)の診療をしています。 (※ウサギ、ハムスター、小鳥、モルモットに限り主に日常のケアについてサポートさせて頂きます) 自然豊かな環境で、地域に根ざしたアットホームなつくりになっております。 「これは受診した方が良いのだろうか?」迷った時は、 […]

美園どうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 「美園どうぶつ病院」は東川口駅または浦和美園駅が最寄りの動物病院です。 「美園どうぶつ病院」は、ペットの健康を第一に考え、科学的根拠に基づく、 治療を提供している動物病院です。 治療の説明は時間をかける事で、しっかり理解していただけるよう心掛けております。 高度な治療においては、専門動物病院と連携を取り合い対 […]

山田動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 東浦和にある「山田動物病院」は26年の歴史を誇る、地域に根付いた動物病院です。 ”『可愛い』と思う気持を最後まで”をスローガンとしており、 病気や怪我を診るだけでなく健康診断をはじめ、食物や問題行動・しつけに関しても、皆様の悩みにお答えし、「一緒に考えて行ける場所でありたい」と考えております。 気になることが […]

オリーブ犬猫診療所

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 生まれ育った川口市でワンちゃんネコちゃんにとって一番身近で頼れる動物病院になれたらという思いから、この度川口市上青木にオリーブ犬猫診療所を開院しました。麻布大学を卒業し、11年間獣医師として積んできた経験を活かし、地域のワンちゃんネコちゃんが健康で楽しく生活できるようサポートしていきたいと思います。家族や友人 […]

かわい動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 かわい動物病院では動物は、ペットと言ういうよりも、家族の一員と考えます。 家族の生活がよりよいものであるよう、アットホームなスタッフたちがサポートいたします。 是非一度ご来院ください。 施設風景 獣医師紹介 院長/河合 俊光 先生 経歴 かわい動物病院 開設 基本情報 施設名 かわい動物病院 電話番号 048 […]

みらいペットクリニック

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 岩槻駅近隣に位置する「みらいペットクリニック」 院長の加藤 彰朗先生が生まれ育った地であり、育ててくれたこの地域に恩返しする為、開院しました。皆様のペットたちの健康を守れるよう、一生懸命頑張っていきたいと思います。 少しでも気になることがあれば、ご遠慮なくご相談ください。 施設風景 獣医師紹介 院長/加藤 彰 […]

愛宕山動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 上尾市にある愛宕山動物病院は犬、猫をはじめ、ウサギ、モルモット等の小動物を診療している動物病院です。 ワクチン、健康診断、フィラリア予防、避妊去勢手術などの予防や、内科、外科など一般診療を行う 地域密着型の病院ですが、皮膚科、外科においては高度で専門性のある治療を行っていますので、 お気軽にご相談ください。 […]

井上動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 上尾市の住宅街に位置する「井上動物病院」 院長の井上先生は東京大学付属動物病院外科、都内の大規模動物病院で外科を担当していた実績を持っており、内臓外科・整形外科を得意分野としております。 飼い主様とペットの絆をより強めるために、わたくしどもはマイクロチップ装着を推奨しております。 少しでも気になる事がありまし […]

せじま動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 浦和駅から徒歩15分に位置する、せじま動物病院は埼玉県で初めて開院した88年の伝統と歴史を誇る動物病院です。鍼灸と漢方を使った東洋医学を取り入れることで動物に苦痛を与えることなく、最後までしっかりフォローできるオーダーメイドの治療を提案しています。 「なんとなく元気がないけれど、検査をしても特に異常はない」 […]

井上動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 埼玉県加須市にある井上動物病院 広い待合スペース、駐車スペース、ドッグランを完備しており、院長の井上先生が「病気でなくても気軽に足を運んでもらえる」をモットーとしている地域密着型の動物病院です。 皆さまのワンちゃんやネコちゃんのちょっとしたお悩みがあれば、気軽に相談できて、遊びに来れるような動物病院です。 施 […]

>マイクロチップボンズの役割

マイクロチップボンズの役割


動物愛護法の改正により、ブリーダーやペットショップなどで販売される犬や猫に対して、マイクロチップの装着が2022年6月より義務化されました。

マイクロチップを装着していれば、ペットが災害などで行方不明になったり迷子になったりした場合に、体内に埋め込んだマイクロチップの情報を読み取ることで、飼い主の方へ返すことができるようになります。

マイクロチップの装着は「獣医療行為」になり、獣医師または、獣医師の指示のもとで愛玩動物看護師が動物病院などで行う必要があります。専用の注射器を使って皮下に装着するため、外れて落ちる心配がありません。

マイクロチップボンズでは、これからマイクロチップの装着を検討している飼い主の方のために、全国のマイクロチップ装着に対応した動物病院をご紹介いたします。

CTR IMG