CATEGORY

マイクロチップ装着に対応する動物病院を探す

中里ミル動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 富士市にある「中里ミル動物病院」では人と動物との絆を第一に考え、 飼主様とのコミュニケーションをとりながら飼主様と動物にとって最善の診療を行い、 スタッフ全員で大切な家族の健康をお守りいたします。 お困り事があればお気軽にご相談ください 施設風景 獣医師紹介 院長/渡邉 洋輔 先生 経歴 ・酪農学園大学 卒業 […]

ひまわり動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 清水区にある「ひまわり動物病院」では飼い主さんとのコミュニケーションを大切にしている 動物病院です。 健康診断、爪切り、トリミングも対応しておりますので、 ペットの健康状態はもちろん、ペットに関するお悩み事や心配事、楽しく暮らすヒントなどでも お気軽にご相談ください。 施設風景 獣医師紹介 基本情報 施設名 […]

桜の街どうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 世田谷区深沢に位置する「桜の街どうぶつ病院」 ”ご家族の話を良く聞き、適切な検査をし、家族ごとに合った治療、緩和を一緒に考えていく、 また病気でなくとも来院しやすい”をモットーとした動物病院です。 お預かりや簡易診療であれば7:30から承っておりますので、 お忙しい飼い主さんにも嬉しいサービスです。 お散歩が […]

宮田動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 沼津市にある「宮田動物病院」では、60年以上の歴史を誇る病院で、 一般診療から皮膚科、歯科だけでなく、動物の小児科としても対応しております。 院長の「宮田 翔平」先生はJAHA認定 総合臨床医として 様々な角度から幅広く総合的に診断し、最良の治療を提供しておりますので、 些細な事でも気になる事があればお気軽に […]

ひまわり動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 大泉学園町にある「ひまわり動物病院」 院長の”牧 貴宏 先生”はアットホームな雰囲気で気軽に相談できるホームドクターを目指し、 土日祝日も診療しているので、平日お忙しい飼い主さんにも嬉しい特徴の動物病院です。 対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレットです。 些細な事も気軽に相談できる雰囲気なので、ぜひ […]

どうゆうペットクリニック

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 恵比寿にある「どうゆうペットクリニック」では気軽に相談しやすい雰囲気を⼼がけ 積極的に新しい設備や技術を導⼊し安⼼してご来院いただけるよう努めております。 臨床歴20年の獣医師があなたの⼤切なワンちゃん・ネコちゃんを責任をもって守りますので、 お悩み事があればお気軽にご相談ください。 施設風景 獣医師紹介 基 […]

品川WAFどうぶつ病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 五反田駅から歩いてすぐ近くにある「品川WAFどうぶつ病院」 どうぶつと人との絆を大切にした『どうぶつに優しい医療』をモットーとしており、 経験豊富な専門医よる各種専門外来、外科医・麻酔専門医による手術や高度医療設備を備えており、健康診断からセカンドオピニオンまで幅広く対応しています。 年中無休で診療しておりま […]

ナガワ動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 練馬区にある「ナガワ動物病院」 地域のホームドクターとして、犬・猫の診療を中心に、鳥やうさぎ、ハムスターなどの小動物の診療・治療を行っております。 大切な家族の一員であるペットたちが健康で元気に暮らすことをモットーとしております。 健康診断や各種予防接種、避妊・去勢手術や 動物と生活していく上で不安な点などご […]

豪徳寺なみき動物診療所

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 豪徳寺駅のすく近くに位置する「豪徳寺なみき動物診療所」 長閑な街並みの中、地域のホームドクターとして犬・猫だけでなく ウサギ・ハムスター・フェレット等のエキゾチックアニマルも診療しています。 予防医療から高度医療まで、飼い主さん動物達にやさしい病院をモットーとしておりますので、 お困り事があればお気軽にご相談 […]

かとり動物病院

【マイクロチップボンズ編集部からの紹介コメント】 水戸市にある「かとり動物病院」 『動物と人との未来を見据え、最善の医療と最高のホスピタリティを提供し続ける』 を理念として掲げております。 予防やワクチン、メディカルトリミングなど地域と生活に密着した病院でありながら できるだけ多くの病気やケガを治療できる診療施設として機能させるために スタッフ一同力を合わせ […]

>マイクロチップボンズの役割

マイクロチップボンズの役割


動物愛護法の改正により、ブリーダーやペットショップなどで販売される犬や猫に対して、マイクロチップの装着が2022年6月より義務化されました。

マイクロチップを装着していれば、ペットが災害などで行方不明になったり迷子になったりした場合に、体内に埋め込んだマイクロチップの情報を読み取ることで、飼い主の方へ返すことができるようになります。

マイクロチップの装着は「獣医療行為」になり、獣医師または、獣医師の指示のもとで愛玩動物看護師が動物病院などで行う必要があります。専用の注射器を使って皮下に装着するため、外れて落ちる心配がありません。

マイクロチップボンズでは、これからマイクロチップの装着を検討している飼い主の方のために、全国のマイクロチップ装着に対応した動物病院をご紹介いたします。

CTR IMG