しみ しわ スキンケア 整形外科 台東区 上野 -スキンケア上野クリニック-

スキンケア上野クリニックの しみ・しわ専門図鑑
「しみ」について
しみの原因
しみの予防
当院のしみ治療法
「しわ」について
しわの原因
しわの予防
当院のしわ治療法
医院紹介
TOP
携帯サイトはこちら
下記のQRコードを読み取っていただくと、
クリニックの携帯サイトをご覧になれます。
QR code
SKIN CARE UENO CLINIC
スキンケア上野クリニックの本サイトになります
〒110-0015 
東京都台東区東上野 
3-18-7 
上野駅前ビル7階
TEL:03-3839-4112 
FAX:03-3839-4115

しみの原因

しみをつくる引き金になるのは、なんといってもまず、日光(紫外線)です。これは、日差しの強くなる夏にしみの色がやや濃くなり、日差しの弱くなる冬に色がやや薄くなる傾向があることからも明らかです。日光を浴びると、紫外線を真皮に届かせないようにするために、表皮の一番下の基底部にある色素細胞が、メラニン色素をたくさん作り出します。そして新陳代謝のリズムが順調な正常な肌では、メラニンは表皮細胞とともに皮膚の表面に押し上げられます。ところが、日焼けした肌は、新陳代謝のリズムが乱れて、メラニン色素がいつまでも肌に残り、皮膚内部に沈着します。これがしみのもとになるわけです。

紫外線

皮膚にあるメラノサイトが刺激され、しみの原因になるメラニンが増加します。若い人は新陳代謝と共にメラニンもなくなりますが、中年以降になるとメラニンが細胞中に沈着してしみになります。
紫外線

精神的ストレス

精神的ストレス
脳下垂体から分泌されるメラニン細胞刺激ホルモンは、精神的ストレスの影響をとても受けやすいため、いらいらしがちな人はしみをつくりやすいので、注意しましょう。

ホルモンバランス

内分泌の失調により、ホルモンバランスを崩しますと、黄体ホルモンなどがメラノサイトを刺激し、メラニンを増加させます。 妊娠もメラニン増加の原因になることがあります。
ホルモンバランス

体質・食生活

体質・食生活
カフェインなどの神経を刺激する物質が含まれる食品を摂りつづけますと、しみの原因であるメラニンを増加させる要因となります。

刺激

洗顔やマッサージ時のこすりすぎなどで刺激を与え続けると色素細胞が沈着して原因となることもあります。他にも薬(抗生物質)や肌に合わない化粧品の使用。やけどやにきび、かぶれ、けがなどの痕が色素沈着してできてしまう場合もあります。このように体の不調、心の不調すべてがしみの原因や遠因になります。キレイになるには肌はもちろん、体もこころもいたわることが大切ですね。
刺激
△ページTOPへ戻る